外壁塗装

まずは、現状塗り替えが必要かどうか、お住まいの外壁をセルフチェックしてみましょう。

▼こんな症状は出ていませんか?
○外壁にツヤが無くなってきた    【危険度★】
○汚れが目立つ、色あせが見られる  【危険度★★】
○壁を触ると、手に白い粉が付く    【危険度★★★】
○ひび割れや塗膜が剥がれている   【危険度★★★★】

【危険度★★】以上の症状を発見した場合は、そろそろ塗り替えのタイミング。
ひび割れや塗膜の剥がれまで症状が進行してしまうと、下地の補修などが必要になり、費用が多く掛かってしまいます。
そうなる前に早めの塗り替えがオススメです。

■ 外壁の塗り替えのタイミングは約10年

外壁塗装は、美観を維持するという役割もありますが、塗装工事の本来の目的は、太陽の紫外線や雨風から住まいを守ること。
表面を強い塗膜でコーティングすることで、建物内部に雨水が浸み込んだり、紫外線によって建材が劣化したりするのを防ぐ効果があります。

塗り替えの目安は約10年ですが、外壁材・塗料の種類や、立地環境などによって変わってきます。
防水性を失った外壁をそのまま放っておくと、外壁の劣化がどんどん進行してしまいますので、定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

■ 劣化症状をそのまま放っておくと、こんな事態に……

○ シロアリの発生

塗装の効果が切れると、建物の防水性能が低下。
その結果、コケやカビが繁殖しやすい状態となり、さらに症状が進行すると、湿気を好むシロアリを呼び込む事態に……。
シロアリは建材を食い荒らし、建物の強度を著しく低下させてしまいます。
建物自体の資産価値も下がってしまうため、要注意です。

○機密性・断熱性の低下

塗膜が劣化し、ひび割れ、外壁(特にサイディング)が反り始め、外壁部分にあらゆる隙間が生じてきます。
そうすると、機密性・断熱性が低下し、夏は暑く冬は寒い住空間となってしまいます。

○雨漏りの発生

水の浸入を防ぐ塗膜がボロボロになってしまうと、たちまち雨水が建物内部に入り込みます。
天井にシミができていたり、壁紙が濡れていたら、雨漏りしているサイン。
何か気になる症状が見られる場合は、一度ご相談ください。

【代表直通】080-2797-1874
【事務所】093-616-1031
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫ 
【対応エリア】北九州市を中心に福岡県全域

一覧ページに戻る